初産の方でも安心できる!産婦人科のきめ細かいサポート

妊婦

産婦人科に必要な基礎知識

babyの文字

産婦人科の選び方

赤ちゃんができたらかかる医療機関と言えば、産婦人科。妊娠は病気ではありませんが、十月十日と言われるように長期間お腹の中で過ごします。このお腹の中で健康的に育っているかどうかを検査したり出産のサポートをしてもらったりするには産婦人科が必要です。
女性は妊娠をきっかけに産婦人科を利用するという人も多く、どの産婦人科を選べばいいのか分からないという声もあるでしょう。妊娠から出産までの流れ、受ける検査や治療など初めての人は特に分からないことだらけです。ただ、間違いなく言えるのは「出産は人生においても大切なイベントであること」。後悔することなく、無事出産を迎えるためには産婦人科選びが重要といえます。

診察

産婦人科の選ぶポイント

産婦人科選びにおいて重要になるポイントは「通いやすさ」や「健診・分娩費用」です。妊娠すると最低でも出産までに産婦人科に10回以上は通うことになります。妊娠初期では歩いて通うこともできますが、特にお腹が大きくなってくると歩くのも一苦労です。そして、出産してからも定期的に健診に行く必要があるということは、そのために検診にかかる費用も必要です。実際、妊娠や出産で産婦人科を利用する場合、病気や怪我ではないため保険適用が受けられません。そうしたことも踏まえ、検診や分娩にかかる自由診療部分の費用を事前に把握した上で利用することが産婦人科選びに欠かせないのです。

サポート体制の充実した産婦人科がいい理由

出産をする際に産婦人科選びはとても重要です。安心して出産を行うことができるようしっかり選択していきましょう。最近では、クリニックによって様々なサービス導入されています。だからこそ、重要なポイントを押さえて自分に合ったクリニックを選びましょう。また、産婦人科の仕組みの基本を知ることも良い参考になります。

出産を控えるママは必見!産婦人科に関するQ&A

出産に適したクリニックはどこがいいかですか?

出産をする場所は総合病院やクリニックの産婦人科、助産院などがあります。総合病院の産婦人科では、万が一、合併症を発症したとしても医療設備がしっかりしているため安心です。また、クリニックでは出産方法を選べることや、出産から産後まで同じ医師に見てもらうことが可能でしょう。そして、助産院では一般的な分娩方法での出産が基本で、助産師からアドバイスをもらいながら出産となります。ケアや相談がしやすいでしょう。

無痛分娩を希望していますが、普通の分娩とはどう違うのか?

無痛分娩の最大のメリットは、陣痛を和らげることができるということです。無痛分娩では、麻酔をすることで痛みを感じることなく出産することができます。また、痛みが少ないということで体力の消耗もなく産後の回復が早くなるでしょう。日本では、お腹を痛めずに生むことがどうなのかと考えている方もいますが、海外では主流の方法として人気となっています。子供への負担も少なくなるので受けてみましょう。

出産を控えるママにこそ読んで欲しい

自分で選べる出産方法

出産方法は、ひとつと限りません。大阪にもたくさんある産婦人科では、患者自身が自然分娩であっても出産方法を選択することできます。出産まではなるべくストレスをためることなく、安定した状態を保つ事が必要です。ですから、出産方法においても自分の希望する方法を選ぶといいでしょう。

READ MORE

無痛分娩に対応してくれるクリニック

無痛分娩は、麻酔を投入することでほとんど痛みを感じることなく出産をすることができます。特に初めて出産を経験される妊婦さんは、痛みに対して不安に感じる人も少なくありません。無痛分娩なら、痛みのリスクは低くなるので安心して出産を迎えることができます。

READ MORE

設備や環境が充実している

クリニックによって設備や環境が異なります。充実したサービスを行っている産婦人科を選択することで安心して出産できるでしょう。クリニックを選ぶ時は、「自分がどのような出産をイメージしているか」を考えた上でそれを叶えてくれる設備や環境を選択するのがおすすめです。

READ MORE