お産の痛みが軽減される無痛分娩のメリット

カウンセリング

痛くない無痛分娩

無痛分娩とは

無痛分娩は、出産の際に生じる痛みを和らげるために硬膜外や点滴麻酔をして出産を行う方法になります。麻酔を打つことで赤ちゃんが生まれる感覚が分からないと心配する方もいますが、産道を通ってくる感覚はありますし産声も確認することができます。ですから、不自然に痛みをおさえているような感覚はほとんどなく、辛い陣痛からは解放されることになるでしょう。また、陣痛の痛みが和らぐことにより産後の疲労も減り、比較的早く復帰することができるのもメリットです。そのため、初めて妊娠をした人や産休を短くしたい人にはおすすめの出産方法といえます。

無痛分娩の流れ

無痛分娩では、出産前に入院する必要があります。そして、入院後麻酔を打つためにカテーテルを背中に入れます。その後は子宮口が3㎝以上開いたら麻酔薬を投入していきます。子宮口が全開になるまで待ちますが、その時には麻酔が効いているため陣痛の痛みは軽く、リラックスして過ごすことができます。子宮口が全開になると分娩台に移動して、何回かいきんだら赤ちゃんが誕生します。
自然分娩の場合は、何度もくる陣痛とどんどん痛みが増してくるところで辛くなり、妊婦の体にも負担がかかります。よって、無痛分娩の場合は100%痛みを防げないわけではなくても、自然分娩に比べると陣痛の頻度や痛みのレベルは軽減できるのが魅力です。

無痛分娩で使用する麻酔

無痛分娩では、出産の際に痛みを感じないために麻酔を使用します。無痛分娩の鎮痛方法は、2つあり硬膜外鎮痛と点滴からの鎮痛です。特に硬膜外鎮痛を利用する方が多く、鎮痛効果が高いことがよく利用される理由です。しかし、麻酔を投入する際には、麻酔での副作用やデメリットの確認をしっかり行っておきましょう。

無痛分娩もOK!サポートが充実している大阪の産婦人科

病院のイラスト

医療法人西川医院

阿倍野区にある西川医院は、大阪エリアの中でも妊婦からの評判がいい産婦人科です。特に無痛分娩においては、バースプランを考え、安全かつ陣痛の痛みも自然な形で訪れるように対応してくれます。さらに西川医院では、入院プランも人気が高く、ループアテンダントが対応し食事や入院生活のサポートをしてくれるため快適に過ごせることでも有名です。

箕面レディースクリニック

陣痛から分娩、回復まで同じ部屋で過ごすことできるサービスを提供しています。プライベート環境がしっかり整っているため、不安なく出産を迎えることができるでしょう。また、妊婦さんのことを考えて女医が対応してくれる検診日を設けていたり、妊婦さんがリラックスして入院できるようパノラマビューの入院部屋が用意されていたりと、至れり尽くせりの設備とサービスが揃っています。

ジュンレディースクリニック千里丘

最新治療方法が常に導入されており、24時間365日体制で利用できる人気の産婦人科です。ここでは、母子同室の部屋が完備されていて、2人目の出産でも安心して利用できる託児所もあります。また、出産にかかる費用については産科医療補償制度の加入医療機関であることから、重度脳性麻痺の乳児に関わる費用補償や脳性麻痺の原因分析等も行ってもらうことも可能です。