産婦人科で行われる自然分娩について

カウンセリング

自分らしい出産を目指す

自然分娩の種類

クリニックによって自然分娩のこだわりを持っており、自分に合った出産を行うことができます。出産方法の中でも一番多いのが、普通分娩と呼ばれるものになります。これは、分娩台に寝た状態で出産をしていきます。
この方法は従来から行われてきた方法になりますが、最近では安心して出産を行うことができる方法が他にも数多くあります。特に分娩時は、陣痛のタイミングに合わせて呼吸を合わせていきまないといけません。この呼吸がリラックスにもつながり、スムーズに分娩が終えられることに繋がります。安心してお任せできる助産師がいるところや自分に合った自然分娩を提案してくれるところを選ぶようにしましょう。

座位分娩とフリースタイル分娩

座位分娩は、特別な分娩台を使うことで座った状態でお産をします。赤ちゃんが骨盤に沿って自然に下がることでお腹に力を入れやすいのがポイントでしょう。骨盤がしっかり開いている状態にあると、子宮口から赤ちゃんが出やすくなります。ですから、分娩時の辛い痛みは幾分か軽減されます。
そして、もうひとつのフリースタイル分娩は、自分の楽だと思う姿勢でお産をすることが出来る方法です。特に注目されているのは水中分娩であり、広いお風呂のようなところで分娩ができるようになっています。このフリースタイル分娩は、妊婦や胎児のストレス軽減や陣痛を和らげる効果もあるため人気があります。

ラマーズ法とソフロロジー式

まず、ラマーズ法はお産の際の呼吸法としてとても有名です。お産の痛みを緩和するための補助動作になり、リラックスすることができます。
ソフロロジー式は、出産をイメージして自分の力をコントロールすることで行う出産方法です。ヨガと禅の呼吸方法などで精神統一ができるので、不安や恐怖を取り除くことができます。

自然分娩までの流れ

おしるしや陣痛、破水のサイン

自然分娩を行う場合、茶褐色の特徴的なおりものが出る「おしるし」からスタートする場合、生理痛をさらにきつくした陣痛からスタートする場合、胎盤の中にある羊水が出て破水から始まる場合があります。これらは分娩のサインであるとともに、残りわずかな期間で出産となるためすぐにかかりつけの産婦人科へ行き、分娩の準備を始めることになります。

産婦人科で入院・待機

出産のサインが出たあと、陣痛の間隔はどんどん狭くなり3~5分に1回強い痛みを感じ始めます。しかし、ここですぐ出産というわけではありません。赤ちゃんが出てくる子宮口がしっかり開くまでは一時的に待機する状態になるので、それまでは産婦人科で入院・待機になります。ちなみに、出産までにかかる時間は初産だとだいたい10~12時間程度でしょう。この間、特に問題がなければ食事などをしながら病院で過ごすします。

子宮口が開いたら分娩室へ

赤ちゃんの頭が十分に通るくらいに子宮口が開口(約10~12センチ程度)したら、いよいよ分娩室へ移動になります。このときの妊婦は陣痛の頻度も高くなり痛みも激しく、一番苦しい時間になります。しかし、あまり力んでしまうと、余計に痛みが出たり分娩時間が長引いたりします。赤ちゃんが子宮口から出やすくするために、息を整えてリラックスすることが大切です。

発露が見られたら分娩

息を整えつつ何度かいきむと、次第に子宮口から赤ちゃんの頭が出てくる(発露)が見られます。しかし、この発露があってもすぐに赤ちゃんが出てくるわけではなく、陣痛のタイミングによっては子宮内に入ってしまう排臨も見られるため時間がかかるでしょう。ここで会陰切開で子宮口を広げる施術も行い、分娩をスムーズにされ、赤ちゃんとのご対面はあと少しです。

分娩完了後

赤ちゃんが無事外に出て出産を終えた後には、胎盤を排出するための後陣痛があり出産時の陣痛よりも軽い痛みがきます。そして、その後に行なうのが分娩時に切開した会陰を縫合する施術です。ちなみに膣口と肛門の間部分にあたる会陰部の縫合は、切開も同じく縫合も強い痛みがあります。処置後、抜糸までの期間は会陰部自体に違和感があるため、安静にすることが必要です。